台湾で日本人が働く場合の給料はいくら?外国人の法定最低賃金とは?

サービス

日本人が台湾で働く場合の現地採用での給料について、根拠を含めて詳しく紹介します。

最近は外国への移住をしたいという方も増加傾向ですね。

その中でも台湾は日本から距離的にも近く、文化的にも似ており、ビザランの規制も緩いため、人気が高い移住先です。

せっかくだから、台湾で暮らしながら現地で働いてみようかなと思わる方もいることでしょう。

ここに注目

  1. 台湾で日本人が働く場合の条件は何?
  2. 台湾で日本人が働く場合の職種や業種は何?
  3. 台湾で日本人が働く場合の給料はいくらくらい?

はじめて台湾で働こうと考えている方の中には、上記のような疑問を持っている方も多いことでしょう。

そこで、以下では日本人が台湾で働く場合の現地採用の条件、職種や業種、給料や年収について詳しく紹介します。

 

台湾で働くための条件

台湾で働くために必要な条件は、就労ビザ(労働ビザ)になります。

就労ビザは台湾現地の受け入れ側の会社のサポートがなければ発行されません。

現地採用として働く場合の就職までの大きな流れは下記の通りです。

  1. 応募
  2. 書類審査
  3. 面接
  4. 採用決定
  5. 労働許可証の申請(会社側)
  6. 労働許可証の受け取り
  7. 就労ビザの申請
  8. 就労ビザの取得

上記のビザの取得時には健康診断書の提出が義務付けられているため、健康上の問題がある場合や過去に必要な予防接種を受けていない場合などはビザが発給されないこともあります。

上記より、台湾で働く場合の条件のポイントをまとめると下記の通りとなります。

  1. 労働許可証を会社側から受け取り
  2. 健康診断書を取得
  3. 就労ビザの取得

 

仕事の職種と業種

日本人が台湾で働く場合はどのような仕事があるのか?

最近は台湾で働いてみたい!と思う方も増加傾向ですね。

そこで、現地では働きたいけど、どのような仕事があるのかという点について、台湾の現地採用に限定して話を進めていきます。

台湾の法令をもとに考えると、台湾現地での業種や職種はある程度は限定されることが分かります。

単刀直入に言えば、台湾人でもできる単純労働は現地では求められておらず、日本人にしか出来ない仕事が現地で求められているということになります。

台湾政府はホワイトカラーとブルーカラーという表現を使っていますが、外国人の優秀な人材を招き入れて、国益にしたいという意図が背景にあることが見て取れます。

以下は引用になりますが、台湾で日本人が働く場合の職種や業種の一例です。

  • 観光関連:ホテルや旅行会社の管理、旅行の添乗員
  • 金融・税務関連:会計士
  • 不動産関連:不動産仲介業、不動産セールス
  • 法律関連:弁護士業
  • 出版関連:新聞・雑誌などの出版業の管理、翻訳・通訳
  • レジャー関連:レジャー施設の経営管理
  • 製造業:経営管理、研究、技術指導
  • 卸売業:経営管理、企画、技術指導

(引用元:台湾で就職できる仕事

上記の通り、極論を言えば、日本人にしか出来ない仕事や日本人(日系企業)相手の仕事が主な仕事になります。

台湾で日本人が働く際の職種や業種について分かりやすくポイントがまとめられていたため引用します。

  1. 専門職や技術職は高待遇で求人が多い
  2. 日系企業への営業職の求人も比較的多い
  3. 中国語を生かした仕事として翻訳・通訳も狙い目
  4. 中国語ができればホテルや観光の仕事も狙い目
  5. 日本語教師は最も求人が多いが給料は低い
  6. 現地駐在員は製造業や商社などが多い

(引用元:台湾で就職できる仕事

 

現地採用者の給料と年収

台湾で働く場合の給料や年収はいくらなのか?

実際に台湾で働いてみたいと考えている方にとっては、現地での給料や年収は気になることですね。

台湾で日本人を含めた外国人が働く場合、給料や年収の上限については法的な規定はありませんが、最低賃金としての給料の下限が決められています。

つまり、台湾の法令では外国人を採用する場合の最低限の給料は政府が法律で決めているため、実質的に外国人の給料の最低賃金は保障されているということになります。

以下は台湾での外国人の月収についての法律に関する該当部分です。

外國人受聘僱從事專門性技術性工作,其薪資不得低於中央主管機關公告之行職業別薪資調查最新一期之工業及服務業專技人員每人月平均薪資,該薪資標準係為國內專技人員月平均薪資〈目前為新台幣47,971元〉,即雇主有聘僱外國人之需要,其薪資自不得低於該項標準。

(引用元:外国人従事就業服務法)

 

台湾での外国人の最低月収は、47,971元

日本円に換算すると、172,700円

年収に換算すると、207万円+賞与

賞与が2か月分の場合は、241万円

(為替レート:台湾ドル=3.6円)

 

上記は、ホワイトカラーの外国人を採用する場合は、採用側企業は最低でも上記の金額を月収として支払わなければならない金額です。

そのため、当然ですが採用される場合は上記の金額に関係なく、特別な技術を持っている方や優秀な方は上限に限りなく、給料や年収を受け取ることが出来ます。

ただし、上記の法令には例外があり、日本語教師などの外国人教師には適用されないというルールがありますので、一部の職種には当てはまりません。

外国人への最低月収の法令での規定だけで日本円換算した上で、日本人の給料水準と比べてしまうと、台湾での給料は低いなと感じるかもしれませんね。

ところが、月収47,971台湾ドルでも台湾では比較的高い部類の給料になります。詳しくは下記の参考記事をご覧ください。

≫≫ 台湾の平均年収と平均月収はいくら?【最新】統計情報を基に検証

コメント

タイトルとURLをコピーしました