台湾のビーフン(米粉)の値段はいくら?湯麺と乾麺と炒麺があるよ

食べ物

台湾の物価についての調査の一つとして、ビーフンを採り上げてみようと思います。

台湾ではビーフンが麺類の一つとして、食習慣の中に溶け込んでいます。

そのため、麺類を専門としている小吃店へ行くと必ずビーフンがメニューにあります。

ココに注目

  1. ビーフンって聞いたことがあるけれど、どんな食べ物なのかな?
  2. 台湾でのビーフンの種類は、どんなものがあるのかな?
  3. 台湾では、どこでビーフンを食べられるのかな?
  4. 台湾ではビーフンは、いくらで食べられるのかな?

上記のような疑問を持っている方へ向けて、台湾で数え切れないくらいビーフンを食べ尽くしてきた私が台湾のビーフンの特徴、種類、食べられる場所、一般的な値段について詳しく解説します。

 

台湾でのビーフンとは?

台湾でのビーフンは、どんな特徴があるのかな?

そもそも、ビーフンとは何なのかということから紹介していきます。

ビーフンは台湾では中国語で「米粉」という表現で表記しています。

そして、中国語のピンイン発音では(Mǐfěn)となりますが、台湾ではビーフンと言ったりします。

台湾でのビーフンの産地

台湾でビーフンが有名な特産地といえば、新竹という都市になり、台北と台中の中間くらいに位置しています。

そして、スーパーの店頭で販売されている米粉の産地を確認すると、ほとんど全ての商品は新竹産となっています。

台湾での乾燥ビーフン

ビーフンを見たことがない方のために言うと、ビーフンは乾燥した原材料の状態ではそうめんのように細長く、美しい透明色です。

乾燥したビーフンを熱湯で茹でることで、麺のようなしなやかな形状になり、柔らかくなったところで、調理に入ります。

以下では、台湾でのビーフン料理の種類を紹介していきます。

 

台湾のビーフン料理の種類

台湾ではビーフン料理は主に下記の3つになります。

  • 湯麺(スープビーフン)
  • 乾麺(つけ汁ビーフン)
  • 炒麺(焼きビーフン)

スープビーフンは茹でたビーフンにスープを合わせて、薬味を添えた料理になります。

つけ汁ビーフンは茹でたビーフンに肉汁などの汁を掛けて、薬味を添えた料理になります。

炒めビーフンは茹でたビーフンを野菜などと一緒に炒めて味付けしたもので、日本の焼きそばのビーフン版といったところです。

特に、つけ汁ビーフンや炒めビーフンは、ビーフンの麺が細いため味が絡みやすく、美味しいため、私が好きな台湾での麺料理の一つとなっています。

その一方で、スープ麺は台湾のスープは日本人には味が薄く感じるため、味が濃い食べ物が好きな方にはイマイチかもしれません。

 

台湾でビーフンが食べれる場所

台湾では、どこでビーフン料理が食べられるのだろうか?

私が今までビーフンを食べたことがある場所を列挙してみましょう。

  • 小吃店(ローカル食堂)
  • 夜市の屋台
  • 伝統市場の総菜屋
  • レストラン
  • カップめん
  • 自宅で調理

つまり、ビーフンは台湾のB級グルメらしく、どこへ行っても食べられる料理の一つです。

特に、小吃店や伝統市場では値段も非常に安いため、人気が高くコスパが高い食べ物の一つです。

 

台湾のビーフンの値段はいくら?

台湾のビーフンの値段はいくらなのか?

さて、本題に入りますが、台湾でのビーフンの値段は、レストラン以外は、どのお店でもほとんど同じ価格設定になっているようです。

今まで私が食べたことがある麺料理をメインとしているビーフンを例に、ビーフンの値段を紹介します。

 

下の画像は小吃店で食べた乾米粉(小)です。

 

下の画像のような唐辛子油醤油ダレの調味料(めちゃくちゃ辛い!)を掛けて食べることもあります。

値段はいくら?

  • 品名: 乾米粉
  • 時期: 2018年7月
  • 場所: 台中の小吃店
  • 値段: 30元/杯(小)、50元/杯(大)

コメント

タイトルとURLをコピーしました