ルーローハン(魯肉飯)の値段はいくら?台湾のソウルフードは激安

食べ物

台湾の物価についての調査の一つとして、魯肉飯(ルーローハン、ルーローファン)を採り上げてみます。

ルーローハンは台湾の伝統的な台湾料理の小吃店は、どの店でも提供されているメニューです。

ここに注目

  1. 台湾でのルーローハンのポジションはどんな立ち位置なのかな?
  2. 台湾のルーローハンは、どこで食べられるのかな?
  3. 台湾のルーローハンを注文する時に注意すべきことは何かな?
  4. 台湾のルーローハンの値段は、いくらなのかな?

上記のような疑問を持たれている方もいるのではないでしょうか?

そこで、今回は台湾で数え切れないほどルーローハンを食べてきた私がルーローハンに関する現地の事情を交えながら、ルーローハンの特徴や値段などを紹介します。

 

スポンサーリンク

台湾のルーローハンのポジション

台湾のルーローハンは台湾の庶民料理として知られていますね。

ルーローハンをご存知でない方もいるかもしれませんので、ルーローハンとは何かということを簡単に紹介します。

ルーローハンは台湾の中国語では「魯肉飯」と表記され、中国語のピンイン発音は(Lǔròu fàn)となります。

ルーローハンは台湾の家庭料理の定番

まず、台湾の家庭でのルーローハンの立ち位置ですが、家庭料理の定番でもあります。

そのため、家庭にもよりますが、一週間に一回くらいはルーローハンを食事として食べることも多いのです。

台湾のルーローハンの特徴

ところで、ルーローハンとは、どんな食べ物なのか、その特徴は?

ルーローハンは豚肉ミンチに玉ねぎやシイタケと一緒に、醤油と砂糖などの調味料で煮込んだものですが、日本人には八角のニオイが苦手な方もいますね。

台湾の肉料理には、八角を使用するのが基本ですので、肉料理であるルーローハンも八角の香りがします。

台湾では、ルーローハンは昔から庶民に愛されてきたソウルフードの立ち位置を現在でも確固たるものにしています。

 

台湾でルーローハンが食べれる場所

台湾でルーローハンが食べられる場所は、どこなのかな?

私が今までルーローハンを食べたことがある店や場所を列挙してみます。

  • 小吃店(ローカル食堂)
  • レストラン
  • コンビニ
  • 家庭料理

軒並みですが上記のような場所や場面でルーローハンを数え切れないくらい食べてきました。

ルーローハンは、どこで食べても同じような味付けですが、よく味わってみると、微妙に店により家庭により味付けが異なっていることに気が付きます。

ただし、どのルーローハンでも八角が使われていることは共通しています。

 

台湾でルーローハンを注文する時に注意すること

ルーローハンと八角はセット

先述している通り、ルーローハンには、多くの日本人が苦手なニオイである八角が使用されています。

食べ物や香辛料のニオイに敏感で八角のニオイが苦手な方は、別のメニューを選んだほうがよいかもしれません。

ルーローハンのサイズは大と小

ルーローハンに限ったことではないですが、台湾では麺類や丼物ご飯のメニューのサイズは(大)と(小)の2つのサイズが用意されていることが多いです。

小サイズはお茶碗より少し大きめのサイズのお椀になります。

大サイズは中丼程度(ラーメン丼より少し小さい)の大きさになります。

私の感覚では、小サイズのルーローハンと惣菜を注文するのがベストコンビネーションです。

ただし、お腹が空いている時や男性の場合は大サイズのルーローハンを注文しても食べられると思います。

台湾では大サイズのルーローハンは大学生や肉体労働者がよく食べているのを見かけます。

 

台湾でのルーローハンの値段はいくら?

台湾ではルーローハンの値段はいくらなのかな?

台湾では、ルーローハンは食べる場所によって価格が多少変わりますが、小吃店では大体同じ値段設定になっているようです。

ただし、店によりお椀や丼の大きさが異なることは一般的です。

それでは、台湾でいつも私が食べているルーローハンの例を紹介します。

値段はいくら?

  • 品名: 魯肉飯
  • 時期: 2018年7月
  • 場所: 台中の小吃店
  • 値段: 30元/杯(小)、40元/杯(大)

コメント