麻醤麺の値段‐台湾の食堂で食べたマージャンメンはいくら?

食べ物

台湾のB級グルメ、あるいは台湾の昔なつかしのソウルフードの位置付けの麻醤麺(マージェンメン)の値段について紹介します。

 

麻醤麺とはどんな食べ物?

マージェンメンを知らない方のために、どのような食べ物なのかを簡単に解説します。

マージェンメン = 麻醤 + 麺

醤という文字を見ると醤油を思い浮かべますが、醤は「ひしお」と言い、本質的にはペースト状の調味料を意味します。

そして、麻醤は一般的には芝麻酱と呼ばれることが多く、ゴマペーストだれの意味になります。

ところが、台湾では単なるゴマペーストではなく、一般的なゴマだれに加えて、醤油やごま油を混ぜて、タレを作ります。

そのため、そのぞれのお店ごとに、ゴマペーストの味付けが異なることが一般的です。

 

麻醤麺の値段はいくら?

今回、私は台湾特有の小吃という小食堂とでも言うお店で、麻醤麺を食べました。

小奇麗な中華レストランと小吃店では、メニューの値段はことなります。

一般的には、小吃は台湾では最も値段が安く食べられる食堂になります。

また、麻醤麺をはじめとした丼物は、一般的には、丼の大きさにより、(大)(中)あるいは(大)(中)(小)があります。

下の画像が私が食べた麻醤麺(中)です。

 

そして、お値段は下記の通りでした。

値段はいくら?麻醤麺(中): 30元/杯

コメント

タイトルとURLをコピーしました