爌肉飯(クァンローハン)=豚の角煮グルメの台湾での値段はいくら?

台湾の物価についての調査の一つとして、爌肉飯を現地で調べてみました。

爌肉飯は中国語のピンイン発音では【Kuàng ròu fàn】という発音になり、カタカナ発音では「クァンローファン」に似た発音になります。

  • 中国語の表記: 爌肉飯
  • ピンイン発音: Kuàng ròu fàn
  • カタカナ発音: クァンローファン

※爌肉飯は扣肉飯(コーローハン)と呼ばれることもあります。

 

スポンサーリンク

爌肉飯(クァンローハン)の紹介

クァンローハン(クァンローファン)は、どのような食べ物なのか?

結論を言ってしまえば、日本では豚の角煮にあたる豚肉のおかずになります。

皮付きの豚肉をぶつ切りにしたものを、醤油ベースのタレで煮込んだ食べ物になります。

醤油で煮込んでいるため、味付けはかなり濃い口ですので、一般的には、ご飯のおかずとして食べます。

そして、クァンローハンは小吃店などの軽食堂では、下記のような形式で提供されています。

  • 定食
  • 弁当
  • 丼飯
  • 単品

 

上記でも述べた通り、クァンローハンは小吃店で食べられますが、その他では自助餐(セルフ式の軽食堂)でも食べられます。

 

クァンローハンの味

クァンローハンの味は、どんな感じなのかな?

ズバリ言ってしまえば、日本の豚の角煮ですが、台湾のものは醤油で煮込んであるため、日本の豚の角煮よりも味は濃いです。

つまり、豚肉だけを食べると醤油辛いため、ご飯と一緒に食べないと食べづらい感じです。

そのため、クァンローハンは画像だけ見ると、ビールのつまみに良さそうですが、実際には少し味が濃すぎます。

 

一つだけ注意しておきたいことは、台湾の肉料理ではもれなく、中華特有の調味料が使われています。

聞いたことがあるかもしれませんが、「八角」という調味料になります。

クァンローハンの場合も八角が使われていますので、中華独特の肉料理の匂いがします。

八角の匂いは慣れればなんてことはないですが、はじめて食べる時には独特な風味に戸惑うかもしれません。

極稀に、肉を煮込み過ぎているためなのか、元々、八角を使用していないためなのか、八角特有の匂いがしない場合もあります。

 

台湾の爌肉飯(クァンローハン)の値段

クァンローハンの値段は、いくらくらいなのかな?

以下では、実際に、小吃店で食べたクァンローハンの定食の実例を画像とともに紹介します。

台湾の爌肉飯(クァンローハン)の画像

※上記のプレートにスープが付いていました。

 

台湾の爌肉飯(クァンローハン)の値段

値段はいくら?

  • 品名: 爌肉飯
  • 時期: 2018年8月
  • 場所: 台中の小吃店
  • 値段: 65元 / セット

コメント