大鶏排の値段はいくら?台湾のビッグチキンカツの現地価格は安い?

食べ物

台湾には「大鶏排」という食べ物がありますが知っていますか?

大鶏排の漢字から何となくどのような食べ物なのか分かるかもしれませんが…

注目ポイント

  1. 大鶏排って何?
  2. 大鶏排はどこで買える?
  3. 大鶏排はどんな味?
  4. 大鶏排の値段はいくら?

台湾旅行をされるのであれば、大鶏排を食べてみてもよいかもしれませんね。

もはや、台湾グルメとして認知され始めていますからね。

ということで、初めて大鶏排を聞いたという方もいるかもしれませんので、上記のような疑問に対して、台湾現地から詳しく紹介します。

 

大鶏排って何?

大鶏排とは台湾で人気が高い「ビッグチキンカツ」です。

大鶏排は台湾華語の繁体字で書くと「大雞排」と表記して、中国語のピンイン発音では[Dà jī pái]となります。

  • 日本語の表記:大鶏排
  • 中国語の表記:大雞排
  • 中国語の発音:Dà jī pái

鶏のむね肉を小さく切り刻むことなく、大きいサイズそのままカツのように油で揚げて作られます。

子供の顔よりも大きく、大人の顔くらい特大のサイズの物もあります。

少し話は逸れますが、台湾では鶏排妹と呼ばれるモデルがいますが、彼女は元々は大鶏排のお店で働いていたようですね。可愛らしい女の子ですね。

≫≫ 鄭家純(鶏排妹)台湾の人気モデルを画像とともに紹介

 

大鶏排はどこで買える?

大鶏排はどこで買うことができるのか?

大鶏排はどこで食べることが出来るのか?

一般的には、台湾では夜市や屋台の小吃店で大鶏排の専門店が1店か2店は必ずあります。

そして、台湾では人気が高いため、週末はどの店も繁盛しており、お客さんが並んでいます。

お店の近くを歩くだけでも、香ばしい美味しそうな匂いに釣られてヨダレが出てきてしまいそうです。

ところが、店の裏側で店員が仕込などの作業をしているのを見ると、お店によってはお粗末な作業だなと感じることもあります。

そこで、大鶏排の他の場所での買い方として、ショッピングセンターの惣菜売り場を紹介します。

ショッピングセンターの惣菜売り場は衛生的にも管理がされているため、食品を扱う環境で作られています。

台湾グルメを堪能したければ、ショッピングセンターの惣菜売り場でいろいろな現地のソウルフードを楽しめますよ。

 

大鶏排はどんな味?

大鶏排はどのような味がするのか?

大鶏排の味は想像の通りですが、チキンカツの特大版そのものです。

夜市などの大鶏排専門の小吃店ではピリ辛のソースを付けて食べるのが多いです。

実は、大鶏排はソースを付けなくても、衣に味が付いていますので、そのまま食べても美味しいのですよ。

日本で食べるチキンカツの味と同じく、サクサクと切り分けて食べたいところですが…。

台湾の夜市では紙袋に特大サイズのチキンカツを入れて渡してくれますので、そのまま大きいものにかぶりつきます。

本場(?)台湾の大鶏排を台湾式の食べ方で食してみてはいかがでしょうか?

 

大鶏排の値段はいくら?

台湾では大鶏排の値段はいくらなのか?

実際に、私がよく利用するショッピングセンターの惣菜売り場の大鶏排の店頭価格を画像を交えて紹介します。

台湾での大鶏排の値段

大鶏排

値段はいくら?

  • 品名:大鶏排
  • 場所:ショッピングセンターの惣菜売り場
  • 時期:2018年12月
  • 値段:55元(45元)/個

(カッコ)内は特価ですが、毎週何回かは特価で販売されています。

ちなみに、夜市での豪大鶏排などの大鶏排の専門店では55元~60元くらいで販売されています。

コメント