台湾の餃子(鍋貼と水餃子)の値段はいくら? 安くて旨くて早い

食べ物

台湾の物価についての調査の一つとして、餃子を現地で調べてみました。

日本では餃子というと、焼き餃子が主流ですね。

一方、台湾では餃子は焼き餃子と水餃子があり、どちらかと言うと水餃子を頻繁に食べます。

そんな台湾事情を交えながら、下記のようなポイントに絞り、台湾での餃子について紹介します。

ココに注目

  1. 台湾での餃子は、どんな種類があるのかな?
  2. 台湾では餃子は、どこで食べられるのかな?
  3. 台湾の餃子の味は、どんな感じなのかな?
  4. 台湾での餃子の値段は、いくらくらいなのかな?

台湾旅行の予定の方や台湾に興味がある方は、上記のような疑問を持っているかもしれませんね。

そこで、今回は、台湾で数え切れないくらい餃子を食べてきた私が台湾の餃子について詳しく紹介します。

 

台湾の餃子の紹介

台湾ではギョウザのことを、あまり「餃子」と呼ぶことはありません。

まず、焼きギョウザは「鍋貼」と表記し、中国語ピンイン発音では【Guō tiē】となり、カタカナ発音では(グォティェ)に似た発音になります。

  • 中国語表記: 鍋貼
  • 中国語発音: Guō tiē
  • カタカナ音: グォティェ

 

そして、水餃子は「水餃」と表記し、中国語ピンイン発音では【Shuǐ jiǎo】となり、カタカナ発音では(スェィジャォ)に似た発音になります。

  • 中国語表記: 水餃
  • 中国語発音: Shuǐ jiǎo
  • カタカナ音: スェィジャォ

日本のギョウザと比べると、1個あたりのサイズは1.5倍~2倍くらいの大きさになります。

台湾の餃子の種類

それぞれ、中に入れている餡により、いろいろな種類の餃子を楽しむことができます。

例えば、台湾では大手チェーン店・八方雲集では、下記のような種類の餃子があります。

  • ニラ餃子
  • 韓国風辛味餃子
  • カレー風味餃子
  • 田舎野菜餃子
  • とうもろこし餃子

台湾で餃子が食べられる場所

台湾では、でこで餃子を食べられるのかな?

実際に、私が食べたことがある場所を下記に挙げてみます。

  • 小吃店(軽食堂)
  • 全国チェーン店
  • 餃子専門店
  • レストラン
  • 伝統市場
  • 夜市の屋台

上記のような場所で餃子は食べられますが、どこで食べても、同じように感じます。

台湾では餃子を注文する場合、店にもよっても異なりますが、通常は数量で注文します。ごくまれに、10個単位での注文になる場合もあります。

台湾の餃子の味

台湾の餃子の味は、どんな感じなのかな?

台湾の餃子の味は、特別な餃子でなければ、餃子自体には味はほとんどありません。

そのため、餃子を食べる時には、セルフで自分用のタレを作って食べることになります。

例えば、店内には下記のような調味料が備えられています。

  • 醤油
  • 甘辛醤油ダレ
  • お酢
  • 黒酢
  • 唐辛子ペースト
  • 辛味油
  • すりおろしニンニク

大体、どの店舗でも上記のような調味料があり、自分の好きなように調味料を調合します。

 

台湾での餃子の値段

台湾での餃子の値段は、いくらくらいなのかな?

実際に、私がよく利用する台湾全土にチェーン展開している八方雲集の一例で、台湾の焼き餃子と水餃子の画像と併せて紹介します。

 

値段はいくら?

  • 品名: 招牌鍋貼
  • 時期: 2018年7月
  • 場所: 台中の八方雲集
  • 値段: 4.5元/個

値段はいくら?

  • 品名: 招牌水餃
  • 時期: 2018年7月
  • 場所: 台中の八方雲集
  • 値段: 5元/個

台湾では同列チェーンでも都市や店舗で価格設定が異なることもあります。上記は台中の八方雲集の価格ですが、この店は全国チェーン店ですが、台北の店舗では少し高めの価格設定になっていました。台北では1個当たり0.5元程度、値段が高めでした。

コメント