台湾で歯の治療費とデンタルクリーニングの費用はいくら?

サービス

台湾の物価についての調査の一つとして、歯の治療費とデンタルクリーニングの費用について現地で調べました。

台湾旅行で歯の治療を受けることはないかもしれませんが、台湾の長期滞在で歯のメンテナンスはシッカリとしておきたいところですね。

ココに注目

  1. 台湾での虫歯の治療費は、いくらくらいなのかな?
  2. 台湾でのデンタルクリーニングは、いくらくらいなのかな?
  3. 台湾で健康保険に加入していない場合の治療費はいくら?

台湾に興味がある方や台湾で暮らしてみようと考えている方は、上記のような疑問を持っている人もいるかもしれませんね。

そこで、台湾で何度も歯の歯石を取り除くクリーニングを受け、虫歯の治療もしたことがある私が詳しく解説します。

 

台湾の健康保険(全民健康保険)制度

台湾の健康保険制度について少しだけ触れておきます。

台湾では、日本と同様に、国民皆保険の制度があり、「全民健康保険」という仕組みがあります。

台湾の全民健康保険は、日本で言えば、国民健康保険に相当するシステムです。

全民健康保険には外国人でも加入することが出来ますが、いくつかの条件があります。詳細は下記の記事を参考にしてみて下さい。

関連: 台湾の全民健康保険のまとめ|月額費用と加入条件や規定

保険に加入すると、診察費の負担が非常に軽くなります。

以下はデンタルクリニックでの虫歯の治療費とデンタルクリーニングの費用について解説しています。

 

台湾での虫歯の治療費

台湾での虫歯の治療費

台湾での虫歯の治療費は、いくらくらいなのかな?

台湾での虫歯の治療費について、全民健康保険の保険適用を受けた場合、診察費・治療費はとても安くなります。

台湾で虫歯の治療をする場合は、下記のような費用が掛かりました。

  • 掛號費 : 受付費(登録費)50元
  • 部分負担: 部分負担費   50元

上記の通り、台湾で虫歯の治療に掛かった費用は100元だけでした。

dscn8003.jpg

(引用元: 台湾の歯医者で虫歯の治療&デンタルクリーニングをした

 

台湾と日本の歯医者で異なる点

台湾で虫歯の治療を受けて、日本と異なる点を挙げておきます。

  • 一般的には受診には予約が必要ですが、急診の場合は予約不要
  • 台湾での虫歯の治療は一回の受診で全て完了する
  • 虫歯の本数が二本でも治療費は変わらない(保険適用の場合)
  • 受診費は先払制で治療前に受付でお金を払う仕組み

 

台湾でのデンタルクリーニングの費用

台湾でのデンタルクリーニングの費用は、いくらくらいなのかな?

デンタルクリーニングとは半年に一回くらいの頻度で、歯のメンテナンスを兼ねて、歯石を除去してもらうサービスのこと。

台湾でも半年に一回くらいはデンタルクリーニングができる仕組みになっており、保険の適用が受けられます。

デンタルクリーニングを受けるには事前予約が必要ですが、もし虫歯が見つかったとしても、その日は治療をして貰えず、別の日に予約をすることになります。

よほど、患者が少なく、歯科医が時間をもてあまし暇な場合は、治療をしてくれるかもしれませんが…。

それでは、台湾での定期的な歯のクリーニングの費用ですが、下記の通りでした。

  • 掛號費 : 受付費(登録費)50元
  • 部分負担: 部分負担費   50元

つまり、上述した歯の治療費と同額の100元でした。

 

台湾で無保険での治療はいくら?

台湾では健康保険がない状況でも虫歯の治療を受けることができます。

海外で歯の治療を受けると、とんでもなく高額な医療費を請求されるということを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

台湾で全民健康保険の被保険者ではない人が虫歯の治療やデンタルクリーニングを受診した時の治療費の目安は下記の通りです。

  • 一回の受診で500元~(無保険の場合)

ただし、治療内容によっても変わってきますので、あくまで目安としてください。

つまり、日本円に換算したら2,000円以下で虫歯の治療やデンタルクリーニングを受けることができるということ。

日本では、健康保険適用でも2,000円以上しますね。

台湾と日本の治療費の違いがよく分かるのではないでしょうか?

最後に言っておくと、台湾でも日本と同レベルの歯の治療やデンタルクリーニングの医療サービスを受けることができます。

コメント