台湾のチョコレートの値段はいくら?現地しかない商品を食べ比べした

食べ物

台湾の物価についての調査の一つとして、チョコレートの値段を現地で調べてみました。

台湾で製造された現地でしか買えないチョコレートの現地価格は安いのか?

一般的に、台湾人は甘いものが大好きな国民です。例えば、烏龍茶や緑茶に砂糖を入れて飲むことからも、甘党だということが連想できます。

ここに注目

  1. 台湾にしかないチョコレートは、どんな種類があるの?
  2. 台湾のスーパーで買える台湾で作られたチョコレートは、どんな感じ?
  3. 台湾のチョコレートは美味しいの?日本人の口に合うの?
  4. 台湾のチョコレートの値段は、いくらくらいなの?安いの?

台湾に興味ある方の中には、上記のような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか?

そこで、チョコレートが大好きで台湾のチョコレート食べ尽くしてきた(?)私が台湾の一般的なスーパーで買えるベーシックなチョコレートに絞って、現地のチョコレートの事情を紹介します。

 

台湾のチョコレートの原産国

台湾人はチョコレート好きなのでしょうか…、食品スーパーや大型ストアーに行くと、お菓子売り場には必ずチョコレート専用の売り場があります。

そして、売り場に並べられているチョコレートを眺めていると、いろいろな国からチョコレートが輸入されていることに気が付きます。

基本的に、台湾では法律で原産国の表示が必要とされているようで、どのチョコレートにも原産国(原産地)の記載があります。

そして、原産国別に大きく分けてみると、下記のように原産国が区分されます。

  • 台湾
  • 日本
  • 欧州
  • 東南アジア諸国

チョコレートの店頭価格は詳しくは後述しますが、大まかに言ってしまうと、価格の高い順番に、下記のようになります。

欧州 > 日本 > 台湾 > 東南アジア諸国

当然と言えば当然ですが、基本的に台湾では輸入品は値段が高いものばかりです。

そんな中、日本のチョコレートの店頭価格は、日本の約2倍~3倍くらいです。

チョコレートに限ったことではないですが、日本から直接輸入されたし商品は概ね2倍~3倍の店頭価格で販売されていることが多いです。

 

台湾のチョコレートの種類

まず、スーパーなどの一般的な台湾人が買い物をする場所でも、日本から輸入されたブランドのチョコレートが多いことに驚かされます。

台湾でのチョコレートの日本メーカー

例えば、下記のような日本の食品会社のブランドのチョコレートが棚に並んでいます。

  • 森永製菓
  • 江崎グリコ
  • 明治製菓
  • ロッテ
  • ヤマザキナビスコ
  • 不二家

 

台湾での台湾メーカーのチョコレート

台湾でもチョコレートを製造している食品会社はありますが、日本のメーカーほどお菓子のブランド力が高くないのが実状です。

そのため、日本では板チョコと言えば、明治チョコレートというような強いブランドイメージがありますが、台湾メーカーにはそのようなブランド力のあるメーカーがほとんどありません。

そこで、食品メーカーのブランドを基準に台湾のチョコレートを見るのではなく、チョコレートの品名で見るようになりました。

どの店舗でも、ほぼ必ずお菓子コーナーに並べられているチョコレートは、下記の2種類のチョコレートです。

  • TAPPL(大波露)
  • KAISER

 

台湾のチョコレートの特徴と味

台湾のチョコレートの特徴と味は、どんなかんじなのかな?

まずは、日本のチョコレートの特徴を考えてみると、海外に住み始めてから気が付いたことですが、日本のお菓子全般に共通して言えることがあります。

それは、日本のお菓子の品質が高いのは言うまでもないことですが、お菓子の味からパーッケージまで全てにおいて、精錬されているということ。

例えば、チョコレートの味を一つ採り上げてみても、ただ単純に砂糖がたくさん含まれて甘いだけではなく、香りや口に入れた時の風味や舌触りの滑らかさ、口の中入れた瞬間から溶けていく品質の高さ。

また、常温でも、チョコレートが解けてしまわないような加工がされていたり、虫やアリが寄り付かないようにパッケージに工夫がされていたり(?)と、あらゆる面で精錬されています。

逆に言うと、東南アジア諸国のチョコレートはパーケージにキチンと密封されたいなかったり、食べてみたら、ただ甘いだけでチョコレート香料をたくさん使った、別のお菓子のようなこともしばしば。

それでは、台湾のチョコレートはどうなのでしょうか?
ここからは私の味覚基準による話になりますが、一言で言えば、「それ程悪くはない…でも、もう一つ足りないな。」というのが正直な感想です。

もしかしたら、味覚音痴の私ですので、目を瞑って、日本の板チョコと台湾の板チョコを食べ比べてみたら、どちらも同じように美味しく感じるのかもしれません。

ただし、先入観を抱いて、台湾のチョコレートだと認識して食べると、甘さが強すぎることと、チョコレートの舌触りが大味だなと感じてしまいます。

たぶん、日本人であっても、甘い味が大好きな方であれば、台湾のチョコレートも口に合うのではないかなと思います。

 

台湾のチョコレートの値段はいくら?

それでは、本題に入りますが、台湾のチョコレートの値段は、いくらくらいだともいますか?

今までに台湾で買ったことがある台湾現地メーカーのチョコレートと日本でもおなじみのチョコレートの実例を、以下では画像とともに紹介します。

 

TAPPL(大波露)チョコレートの値段

値段はいくら?

  • 品名: TAPPL(大波露)…板チョコ3枚
  • 時期: 2018年7月
  • 場所: 食品スーパー
  • 値段: 29元/3個(単品:12元/個)

 

KAISERチョコレートの値段

値段はいくら?

  • 品名: KAISER
  • 時期: 2018年7月
  • 場所: 食品スーパー
  • 値段: 39元/袋(170g)

 

SNIKERSの値段

値段はいくら?

  • 品名: SNIKERS(5個/200g)
  • 時期: 2018年7月
  • 場所: 食品スーパー
  • 値段: 89元/袋

 

SNIKERSの値段

値段はいくら?

  • 品名: SNIKERS(22個/400g)
  • 時期: 2018年7月
  • 場所: 食品スーパー
  • 値段: 139元/袋

 

Meijiチョコレートの値段

値段はいくら?

  • 品名: Meiji板チョコ
  • 時期: 2018年7月
  • 場所: 食品スーパー
  • 値段: 39元/個

コメント