【自助餐】台湾のセルフサービス式レストラン食堂の食事代はいくら?

食べ物

台湾には自助餐と呼ばれるセルフサービス形式のレストランや食堂があります。

自助餐では台湾料理を中心に肉、魚、野菜など様々な料理を提供しています。

そして、台湾人の外食文化の中心をなしており、彼らの胃袋を支えています。

ここが疑問

  1. 自助餐とは何?
  2. 台湾での自助餐の利用方法は、どんな感じなのか?
  3. 自助餐では、どのような料理が提供されているの?
  4. 自助餐の営業時間は?利用できる時間帯は?
  5. 自助餐では、値段はいくらくらいで食べられるの?

以上のような疑問に対して、何千回も自助餐で食事を取ってきた私が、自助餐の全てを紹介します。

 

自助餐とは何か?

自助餐って何?って思われた方もいるかもしれませんね。

中国語が分からなくても、何となく分かるかもしれませんが、簡単に解説をしますと、下記の通りです。

自助+餐=セルフサービス+食事

つまり、セルフサービス形式の食事を意味して、他の言い方をすれば、バイキング形式あるいはバッフェ形式のレストランや食堂のことです。

中国語の発音はピンインでは「cāntīng」となり、カタカナで発音表記すると「ツァンティン」のようになります。

一般的に、自助餐の店内は、敢えて日本語で言ってしまうと、大衆食堂の様なイメージが一番近いと思います。

つまり、ホテルのレストランのバッフェというより、下町の庶民料理を提供してくれる食堂です。

また、台湾での自助餐は食事代の値段も比較的安いところがほとんどです。(もちろん、ホテル内のバッフェがセルフ形式の場合でも自助餐と言います。)

 

自助餐の利用システム

自助餐はセルフサービスだということは分かったけど、どのように利用するのかな?

このような疑問が聞こえてきそうですね。以下では、自助餐の利用方法を詳しく解説します。

自助餐で食事をする場合は、大きく2つに区分されます。それは、自助餐はお弁当屋を兼ねていますので、お弁当として利用する場合が一つ。もう一つは、店内で食事をする場合です。

お弁当として自助餐を利用する場合は、店員に「弁當(Biàndāng)」と言って、その旨を伝えます。あるいは、店先に紙製の弁当箱があるため、そちらに食べたいものを取り入れます。

そして、店内で食事をする場合は、店先に置いてある皿(紙製の皿の場合が多い)に食べたい料理をピックアップします。

そして、会計係の店員に自分が取り寄せた料理を見せて、料金を教えてもらい、支払いを済ませる流れになります。

つまり、ここまでのところをまとめると、下記のような流れになります。

  1. 店先の皿(または弁当箱)とトングを取る
  2. 店内に並べてある料理から食べたい料理をピックアップ
  3. 会計係の店員に料理を見せる
  4. 料理の値段を聞く
  5. お金を支払う

上記で注意したいことは、店員が言った料理の値段が聞き取れない場合ですね。この場合は一人分で、肉や魚をたくさん選ばなければ、大体100元以下で収まると思います。

また、肉類や魚類の料理は少し値段が高くなる場合があります(値段のことは後述しますね)。また、選ぶ料理の量はどれだけでもかまいませんが、それだけ値段が高くなります。

それと、チキンカツのような大きな肉などの場合は、肉を切り分けるかどうかを聞かれたり、肉などにタレや中華醤油などの調味料を掛けるかどうかを聞かれることがあります。欲しい場合は「要(yào)」、要らなければ「不要(Buyào)」で対応します。

会計係の隣辺りに、辛い惣菜系のもの、辛いタレ、肉汁のタレなどが置かれていたりすることがありますが、一般的には無料で利用できます。

そして、店内の片隅には無料で提供されている、スープとお茶が用意されています。もし、必要であれば、セルフサービスでスープやお茶はどれだけでも飲んでもOK。ただし、味はあまり期待しないほうがよいでしょう。(スープは味が薄く、お茶は甘い…)

 

自助餐では、どのような料理が提供されているの?

一般的に、自助餐では、どのような料理が提供されているのでしょうか?

ここからは、自助餐の内、台湾でも最も人気があり、客足が多い一般的な庶民料理を提供してくれている自助餐に絞って、話を進めていきます。

自助餐で提供されている料理は、台湾料理が多くなります。実際には、台湾料理だけではなく、中華料理全般と言ったほうが正しいかもしれません。

これだけでは分かりにくいため、もう少し詳しく解説していきます。具体的には、下記のようなメニューが多くの自助餐で提供されている料理です。

  • 季節の野菜を使った野菜炒め(野菜の単品炒め、八宝菜など)
  • 肉料理(肉のから揚げ、煮込み肉、茹で鶏肉、フライドチキンなど)
  • 魚料理(魚フライ、煮魚、御頭の煮付けなど)
  • 豆腐料理(豆腐とピータン、湯葉の煮込み、麻婆豆腐、豆干など)
  • 卵料理(目玉焼き、煮卵、トマトの卵炒め、ゴーヤ卵とじ)
  • 中華惣菜(シナチク、麺筋、中華風漬物など)

 

自助餐の営業時間は?利用できる時間帯は?

自助餐の営業時間は、いつからいつまでなのでしょうか?

こちらも、一般的な例を挙げて解説します。

自助餐では営業時間は、一応決まっていますが、料理が売切れてしまった場合はお店を閉めてしまいます。

そのため、営業時間が決められているわけではありませんが、店先の営業時間を確認すると、以下の時間帯が多いようです。

  • 昼:11:30~13:30
  • 夜:17:00~19:00

上記のように、お昼の時間は11時半くらいから料理が店頭に並び始めます。そして、12時(正午)くらいになると、おおむね全ての料理が揃う形になります。

そして、夜間の場合は、夕方5時までには料理が並べ終わる形になります。仕事を終えて帰宅途中の人が5時を過ぎると集まり、自助餐で弁当を買って家に持ち帰ります。

ここで注意したいのが、正午直後や17時半前後は非常に多くの客が殺到するため、人気のある自助餐はとても混雑します。お店で食事をする場合は満席で座れないこともあります。そのため、時間に余裕があれば、避けたい時間帯です。

私が自助餐を利用する時は、出来るだけ人が多い時間帯は避けたいので、11時半~12時くらいの時間帯、あるいは13時以降にお店に行きます。夕方は、17時直前くらいに行ったり、18時過ぎくらいに行ったりして、のんびりと食事をします。

ただし、もう一つ気を付けたいことは、あまりにも遅く自助餐に行くと、お目当ての料理が売り切れになってしまい、不人気の料理しか残っていないという状況になることもあります。

 

自助餐での食事代の値段はいくら?

始めに結論を言ってしまいますと、台湾での外食では最も安く食事が出来ます。

自助餐の料理の値段の目安

自助餐で料理を選ぶ時の参考に料金の目安を挙げておきます。

  • ご飯:10元(お替り自由の店とお替り10元程度の店があります)
  • 野菜:トングで一掴み10元
  • 肉 :20元~40元程度、種類やサイズにより異なります
  • 魚 :20元~40元程度、種類やサイズにより異なります
  • その他:煮卵など数えられる物は10元/個の場合が多い

上記以外の料理は原材料が高そうなものは20元~と考えましょう。

また、大好きな野菜など、たくさん食べたい料理もありますね。この場合、例えば野菜をたくさん選ぶと20元~で換算されます。そのさじ加減は店員の判断によります(笑)。

自助餐の食事代の値段の具体例

それでは、実際に私が食べた料理と値段を公開します。

野菜のみのケース

  • 時期: 2018年7月
  • 場所: 台中市の下町の自助餐
  • 料理: 単品野菜炒め、オクラ、麻婆豆腐、筍炒め、湯葉の甘辛煮
  • 値段: 70元/食

魚と野菜のコンビ

  • 時期: 2018年7月
  • 場所: 台中市の下町の自助餐
  • 料理: 単品野菜炒め、オクラ、大根の煮付け、筍炒め、魚フライ
  • 値段: 80元/食

コメント

  1. 中谷美奈 より:

    台中安いですね、台北だとどちらもその良なら100元いってしまいます。
    台中良いな。

    • price より:

      コメント頂き、ありがとうございます。
      大サイズで、この価格は本当にありがたいです。
      ただし、台中でも観光スポットのような場所やキレイな食堂では、もう少し高くなります。
      台北でも現地の人しか利用しないようなローカル食堂なら、割と安い値段のところもありますよね。
      とは言え、台北と台中で物価の比較をすると、圧倒的に台中の方が安くなりますね。